Recruit

採用情報

コンサルティング事業部 TATSUYA KOBAYASHI

コンサルタントとしての成長を求めながら
キャリアの選択肢を広げていきたい

CAREER

大学卒業後、国内大手コンサルティングファームに就職。中堅~大手企業を担当する一員として、ビジネスの事業性可否評価、営業戦略立案、新規事業構想策定~実行支援などを担う。引き続きコンサルタントとして働きたいと願うなか、VERTEX PARTNERSと出会い2021年に入社。

Q.1 VERTEX PARTNERSに入社を決めた理由を教えてください。

入社を決めた理由は
「キャリアの選択肢を広げたい」

転職してもコンサルタントという仕事を続けたいと願うなか、少数精鋭で新規事業領域を強みに成長しているベルテクス・パートナーズに興味を持ちました。さらに、面接の時に代表の山口から聞いた話が印象に残っています。それは「コンサルタントとしてのナレッジに限らず、ゆくゆく事業会社を志望したときも困らないだけのスキルがつく場所にしたい」というものです。今後のキャリアについては自分も悩むことが出てくるかもしれませんし、より広い選択肢があった方がいいに違いありません。会社の特徴である新規事業の伴走型コンサルティングや、実際に自社で新規事業の立ち上げ経験ができる点は、そういう意味でもプラスだと思い入社を決めました。

Q.2 入社してみて、実際どんな会社でしたか?

入社後の印象は
「クライアントの“パートナー”として、長く深い関係が築けている」

転職してやりたい仕事ができなかったら…といった不安も正直ありましたが、実際は本人のやりたいことを中心に案件が決まる風土があり、いい意味でギャップを感じています。
それともう一つ印象的だったのは、クライアントと良好な関係を築けていて、一社に対して長く深くお付き合いできる点です。ベルテクス・パートナーズでは、数か月のプロジェクトだけでクライアントとの付き合いが終わるというよりも、その仕事をきっかけに他の部署やプロジェクトを紹介してもらうことが多々あります。これは弊社が作業代行や提案の範疇にとどまらず、お客様の業務に入り込み“一員”となって働いてきた姿勢の表れでもあると感じています。

Q.3 あなたにとって会社の環境はどんな点が有利に働いていますか?

自身にとって、会社の環境は
「知識習得もライフバランスも不便のない環境」

担当する案件ごとに求められる知識について、その効果的な習得方法や参考になる書籍をPJメンバーから紹介してもらえることです。会社としてもコンサルタントとしてのベーススキルを伸ばす研修機会などがありますし、語学研修制度も整っています。
一方で働いているとプライベートの時間を持ちにくくなってしまうことがありますが、弊社では家族のために時間を確保する同僚も多く、それが当たり前に受け入れられる点も魅力です。

Q.4 仕事でのポリシーや信条など、大切にしているということを教えてください。

仕事に対して大切にしていることは
「役割に執着せず、クライアントに応えること」

私たちは「コンサルタント」としてクライアントから担っている業務がありますが、私自身はそこへ執着せず、相手の困っていることや求めていることがあれば進んで取り組むように心掛けています。これは「クライアント理解は業務そのものだけでは難しい」という側面もはらんでいて、例えばサービス理解を深めるためにユーザーの立場を体験してみることなども積極的に実践しています。

Q.5 これからの仕事であるいは、これからの人生で実現したい夢を教えてください。

将来実現したいことは
「世の中に新しいビジネスが生まれ、変化する過程に携わりたい」

まだ自分がいつまでコンサルタントを続けるのか、他のことをするのか、など見えていない部分もありますが、だからこそ「何かを決断するときに選択肢を持っていられるようにしたい」と考えています。コンサルタントとしての幅を広げることもそうですし、それ以外についても考えられるよう、この会社でできることへまずは積極的に挑戦していきたいです。最終的に、どんな立場であっても、世の中に新しいビジネスやサービスが生まれて、多くの人たちが良い方向に変わっていくプロセスに関わっていれたらいいですね。

Related content 採用情報関連コンテンツ

Recruitment Infomation 採用インフォメーション

Info