Recruit

採用情報

コンサルティング事業部 MIWA MIYAZAKI

営業事務からコンサルタントへの転身
“キャリアのお手本”のもと将来を模索する

CAREER

新卒で国内の印刷・ロジスティクス関連企業に就職。大手コンビニチェーンをメインに担当する営業事務として、業務改善やシステム開発の管理をメインに携わった。2021年8月にVERTEX PARTNERSへセールスアシスタントとして入社、今年度からコンサルタントとしての一歩を踏み出している。

Q.1 VERTEX PARTNERSに入社を決めた理由を教えてください。

入社を決めた理由は
「この先のキャリアにとって有利になると確信したから」

転職を考え始めたときは、前職での経験を活かせるという観点から営業事務やアシスタント職の求人を探していました。ただ、見たところはどこも形式ばった業務と言いますか、コミットできる範囲が限られている印象で…。対してベルテクス・パートナーズは、これまで「営業アシスタント」というポジションが無かった分、自分の能力次第でどんどん挑戦していける期待を持つことができました。最終的には代表の山口さんとの面接で、「コンサルタントもやってみないか」という話をいただき、ここであれば今後のキャリアにとっても有利な経験が積めると思い入社を決めました。

Q.2 入社してみて、実際どんな会社でしたか?

入社後の印象は
「様々な分野のプロフェッショナルから刺激をもらえる」

全体的に良い意味で、入社後のギャップは感じなかったです。業務の幅もここからここまで、と決まっているわけではないので、自分から積極的に仕事へ臨むことができています。その中で感じたのは、この会社には様々な分野のプロフェッショナルがいるということ。一緒に働くことで刺激をもらえますし、今までなかなか考えられてなかった将来のキャリアについても考えるきっかけになっています。

Q.3 あなたにとって会社の環境はどんな点が有利に働いていますか?

自身にとって、会社の環境は
「キャリアのお手本に出会える場所」

先ほどの回答とも少し重なりますが、様々なキャリアを重ねてきた方々がいらっしゃる環境なので、私にとってはお手本がたくさんいるような感覚です。他メンバーの話や経験に触れるなかで、「こういう風に突き詰めていくのもありなんだな」とか「こういう信条を持って働いているんだ」とか、一つひとつが勉強になっていると感じます。

Q.4 仕事でのポリシーや信条など、大切にしているということを教えてください。

仕事に対して大切にしていることは
「準備は徹底的にやる!」

たとえ仕事が忙しくても、準備は徹底的にやるよう心掛けています。数十分でつくった資料をクライアントに提出する等はせず、できるだけ考えを詰めてから持って行くようにしていますし、何かしら結論・決着をつけたい場合はなおさらです。最後はクライアントにご決断いただけるよう選択肢を用意することで、双方納得したクロージングができればと考えています。

Q.5 クライアント、上司、同僚の方から言われて記憶に残っている言葉は?

山口代表からの言葉で記憶に残っているのは
「コンサルタントに向いているよ」

厳密には入社前になりますが、面接で山口さんから「宮崎さんはコンサルタントに向いているよ」と言われたことがキャリアにとっての転機になったと感じています。それまでは考えたことも無かった道でしたが、長年この世界で活躍されてきた方に背中を押されたことで、自分の可能性にも気づくことができたのかもしれません。

Q.6 これからの仕事であるいは、これからの人生で実現したい夢を教えてください。

将来実現したいことは
「今はないからこそ、汎用スキルや経験を積み重ねる時期」

この会社に来ることでキャリアの選択肢が広がったのもあり、正直今は明確な目標が見えていません。ただ、もう少し年次を重ねれば見えてくる気がしていますし、今はその日に備えて汎用的なスキルや経験を積めるだけ積む時期だと捉えています。目指したいものが見えた時に「今からでは遅い」とならないよう、準備だけはしっかりしておきたいですね。

Related content 採用情報関連コンテンツ

Recruitment Infomation 採用インフォメーション

Info